切迫早産

2人の子供も持つ母親です。 出産はいつも大変でしたが一人目の時が本当に大変でした。

一人目を妊娠して5ヶ月目頃のとき、東京のアパートから実家のある埼玉に引っ越してきたんです。 と言っても実家の近くというわけではなかったので周りに知り合いもいないし、道や周りのお店も良くわかりませんでした。 引越しと同時に仕事も辞めていたので日中は一人で過ごしていました。

これだけでも毎日不安だったのにある定期検診の日、お腹の張りをチェックしたら張りすぎていて 切迫早産になりそうだからしばらく家で絶対安静して張り止めの薬を飲んでくださいといわれてしまいました。 切迫早産という言葉に焦ってしまい、それから買い物にも行かず家で寝て過ごしました。 その後の検診でも結局張りは引かず、そのまま入院することに。

初めての妊娠で不安なところに入院が重なり落ち込んでしまった私でしたが、 私が落ち込んでたらお腹の赤ちゃんも悲しんじゃうと思い、同じ病室の人たちと話をしてなんとか入院生活を送りました。 すぐに退院できると思っていたのですがなかなか退院出来ず、不安な気持ちが大きくなり精神的にかなり落ち込んでしまいました。 そんな時は旦那が励ましてくれました。

毎日仕事帰りに病院にお見舞いに来てくれて面会時間ぎりぎりまでいてくれました。 旦那が帰ったあとさみしくて泣いてしまうことが何度もありましたが、旦那には本当に感謝しています。 結局1ヶ月入院してやっと退院できました。その後無事に出産できましたが産んでしまうと あの時の辛さもいい思い出になっています。